スイセン
この植物の解説

育て方はこのページの下

科名
ヒガンバナ科
学名
Narcissus
用途など
鉢植え 庭植え 水栽培
開花期
11月~4月
大きさ
高さ20cm~40cm
耐寒性
つよい
難易度
★★★☆☆(ふつう)

育て方

栽培カレンダー

栽培カレンダー

主な作業の適期

球根掘りあげ 7月~8月
球根植え付け 10月~11月
肥料 2月~3月 / 12月

日常の手入れ

花後も葉は残す

花が終わった後も邪魔だからといって、生きている葉っぱは切らないようにしましょう。残った葉っぱで光合成をおこない、その栄養を球根に貯蔵して、翌年の生長に備えます。、葉っぱを切ってしまうと球根にじゅうぶん栄養がたくわえられず、翌年の開花は期待できません。


日当たり・置き場所

日当たりが悪いと花が咲きにくく、花が終わった後も球根が太りにくいです。日当たりのよい場所で管理することが肝心です。

比較的暑さに弱く、夏は涼しい方が球根も傷みません。

水やりと肥料

冬から春の生育期は水がたっぷり必要です。植え付けてから3ヶ月くらいは葉っぱがでてこないので、生長しているように感じられませんが、土中でしっかりと根は伸びているので、土の表面が乾いたら水やりをしましょう。花後に葉っぱが全部枯れて休眠には言ったら完全に水を切って掘りあげてもかまいません。

肥料は特に必要ありませんが、与える場合はリン酸分が多めのものを与えます。窒素分の多い肥料を与えると、葉ばかり茂って肝心の花が咲かないこともあります。

適した土

水はけのよい土が適しています。鉢植えは赤玉土(小)7:腐葉土3の割合で混ぜます。庭などで粘土質の場合は、腐葉土などを混ぜて水はけをよくしましょう。

植え替え・植え付け

10月に入ったら、早めに球根を植えます。霜が来る前に充分に地中で根を張らせると、暖かくなったときの生育の勢いが格段に違います。

球根植え付け

鉢植えは球根の頭がすこし見えるくらいの浅植えに、庭の場合は、球根の高さ2つ分の深さに植えます。品種によって球根の大きさが様々なので、一鉢に植える数は異なってきます。クチベニズイセンなど中くらいの球根で6号鉢(直径18cm)に5球、ラッパズイセンなど大きめの球根は6号鉢に3球くらいが目安になります。

ふやし方

さし木でふやすことができます。さし木には頂点の部分(天芽)の枝葉を用います。幹から横に出ている枝をさし木にすると、根は出ますが枝が横に伸びるだけで直立しません。適期は4月下旬~6月中旬です。

かかりやすい病害虫

ウイルス病にかかると葉が奇妙なかたちに曲がったり、斑点ができます。 治らないうえに他に感染するので球根は処分します。

関連する植物